どんでんがえし。

この前久しぶりに小説を読みました。
東野圭吾さんの『むかし僕が死んだ家』


最後に、大どんでんがえしがあるという評判を聞いて

読む事にしたのですが

それを意識して読むと、何もかもが怪しく思えてしまい

「もしかして…」「これ、怪しい…」と

『どんでんがえし』を予想しながら読んでしまいました。

結局、最後も「なんだ…やっぱり」という感想に。
(いや、とてもおもしろかったんですけどね!)

最後に「まさか!」と思うような小説が読みたいのですが

「最後にどんでんがえしがある」という前評判を聞くと

なんだかかまえてしまう。

本選びも難しいですね。


でも、久しぶりに読書がしたい気分になったので

おすすめの小説があったら紹介して欲しい山本でした。


(やまもと)

カテゴリ diary, HIQU DESIGN blog, staff.

.

INGURA