腑に落とす


感情が表情に出やすい……というご指摘をいただくことが多い私。
野呂さん(社長)からなにか指示やご指摘をいただく際も、
納得できていない場合は頷きの頻度が変わるとのこと(笑)。
「オトナとしてだめだなあ」と自分自身の反省はひとまず置いておいて、
ありがたいのは私が納得できるまでとことん深ぼって話をしてくれる
社内の環境です。

「納得して仕事をしているか?」というのは社内でもとても大切にしていて、
相手(お客さまも含め)以上に相手のことを考えるためには、
やらされ仕事ではいけない、という考えにもつながっています。

とはいえ、
社外のお客さまに質問攻めをする、というわけにはもちろんいきません。
だからと言って、
言われたことをただ聞き流して作業するだけでは
クリエイティブな仕事はできません。
大切なのは、腑に落とすための努力をすることです。

ことばですべてを受け取るのではなく、相手の状況、性格、態度……
そのすべてから材料をかき集め、点と点をつないで腑に落とす!






納得してできるお仕事は楽しく、やりがいに溢れています!
……なんて偉そうに語りましたが、
私もまだまだまだまだ材料をかき集める力が不足しているので、
「腑に落とせる力」をつけるために日々精進していきます!!

さよなら2020!


2020年もついにお仕事納めです。
今年は季節ごとのイベントもできず、
駆け抜けるようにあっという間に終わってしまったような印象です。
(例年であれば、社員の誕生日には社内でケーキを食べたり、
新人が来た時には歓迎会があったり……)
虚しさが無いと言えばウソになりますが、
2020年はあらゆるものに感謝の気持ちが生まれた1年だったなと感じます。
会いたい人に会いたい時に会えること。
馴染みの場所が当たり前にそこに存在していること。
顔を見て、手を差し出して、挨拶ができること。
熱気を感じながら大勢の人と同じ目的を共有すること。
挙げればキリのないほどのことが、当たり前ではないことだと知りました。
社員一同、それぞれ想いはありますが、今年1年、
こんな状況の中でも変わらずクリエイティブに携わり続けられたことに
感謝の気持ちでいっぱいです。
HIQU DESIGNでは、12/29(火)~1/11(月・祝)を年末年始の休業と
させていただきます。
期間中大変ご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますと幸いです。
長めのお休み期間中たくさんのインプットをして、
年明けからエンジンフル稼働でお客さまに価値還元できるよう
努めてまいります。
少し気が早いかもしれませんが……
2021年もHIQU DESIGNをよろしくお願いいたます。
それではみなさま、良いお年をお迎えください。



真の芯を探り当てろ!


冬本番!風の冷たさが本気を出してきましたね〜。
私は冬の寒い日には頭が毎回痛くなっていて、
その都度頭痛薬のお世話になっていました。
が!最近、それが冷たい風のせいであると判明!
マフラーを深く巻くことで、頭痛が減ったんです!!

いくら頭痛薬を飲んでもその時々の痛みから逃れるだけで、
根本的な解決にはなっていなかったんですね……。

なんで突然「梅崎コソコソ頭痛話」が始まったかというと、
この「表面上だけではない価値提供にこだわる」というのが
イングラの考え方と繋がっているな!と思ったからです。

サロン帰りだけではなく、お客さまが自分でセットしても
理想の姿を持続させられるように「再現性」にこだわるHIQU ROOM。
見た目だけの一時的なデザインではなく、
今後ずっと繋がっていくクライアントのブランドイメージまで考えて「永続性」
を大切にするHIQU DESIGN。

表面上だけではない、真の芯に届く価値提供をめざしています!






字は口ほどにヒトを表す


私はライターとして現在ここに籍を置かせていただいていますが、
身近にデザイナーさんたちがいる環境で常に思うのが、
「みなさん、メモ描きがメモ描きじゃない……!」ということ。

会議中に取ってるメモにもイラストが描かれていたりするんですが
それがまた上手なんですよね。しかも字も綺麗。

文字にも人格が現れるとよく言いますが、
細かいところにまで常に気を配っていることが文字からも見て取れます。
(私のメモは“あえて”自分だけ解読可能なセキュリティー抜群仕様です)







実はHIQU DESIGN、HIQU ROOMのロゴ、名刺、社員証……等々は
すべて同じフォントで統一されているんです!

弊社にはHIQU FONTと呼ばれるオリジナルのフォントがあり、
A〜Z+数字のすべてが用意されています。







これは「イングラ」という人格にブレを生じさせないため。
ブランディングに力を入れるHIQU DESIGNならではのこだわりです!

ちゃっちゃとお茶を出すのではなく……


最近はいきなり寒くなってきましたね。
冷えた体で温かいお茶をちびちび飲むのがマイブームな梅崎です。

ところで。
例えばHIQU DESIGNで「温かいお茶をください」という
注文をいただいたら、その理由や今後の想定を取材します。
(もちろん弊社はお茶屋さんではありませんが……)
お客さまが欲しているモノは同じ「暖かいお茶」であっても、
その理由や飲み方は様々。
水分補給がしたいから、お茶が欲しい場合。
身体を温めたいから、お茶が欲しい場合……などなど。






その理由や想定している飲み方を探ることで
注文通りに「温かいお茶」を提供するだけではなく、
もっと「最適なモノ」を「最適なカタチ」で提案できるかもしれません。
水分補給がしたいなら、
たくさん飲みやすいように薄めのお茶はどうですか?とか。
身体を暖めたいならショウガ湯とかどうですか?とか。
はたまた、お茶菓子と一緒にほっこりとした時間を過ごしたいなら
急須と湯呑で提供するとか。
移動中に飲みたいならペットボトルに入れるとか。

注文いただいたものを提供するだけではなく、
お客さまに常にプラスアルファの価値を還元できるように心がけています!



8人の柱


某鬼退治漫画・アニメ、流行っていますね。
社内で流れているラジオでも毎日なにかしらの情報が入ってきます。
先日やっと見始めた社長が、
まだ見ていない社員に得意げにその話をしていたのですが、
みんなから「キメハラだ」と指摘されておりました。
(……という動きがあった矢先、
今度は「逆キメハラ」という言葉が出てきましたね。)






「環境」はすごい流れでどんどん変化していくものですが、
株式会社イングラは、「その時、その状況」に合わせた
最適なカタチで制度等を整えてくれる会社です。
(……と、自社をすごく持ち上げているようですが、
ここが良い意味でも悪い意味でも「長い歴史のある大企業」との
違いだと思います)



上が制度を整えてくれる環境なのであれば、
あとは「働く側」がどうしていくか、です。
現在わたしは8人のチームに属していますが、
実際の環境や雰囲気は一人一人の行動で
少しずつ変わっていくものだと思います。

そこに新人、ベテランは関係ありません。
チームに所属しているだけで、その環境に与える影響力は平等です。
自分自身も会社の雰囲気をつくる8分の1の責任を持っていると
自覚して行動していきたいなと思います。




ストレスフリーなHIQU LIFE


今年もあと2か月で終わりです。
2020年は全速力で駆けて行ってしまうし、寒いし、
あいかわらずコロナは元気だし、寒いし、
パンダのシャンシャンが中国に帰ってしまうし、寒いし……。
日々の生活にはストレッサーがたくさん隠れていますよね。

そんな中、イングラでは創立当初から、
お客さまに対しても働く側に対しても
「ストレスフリーな環境」が掲げられています。

例えば、
お客さまの手間をかけないため「修正」を無くす、という目標。
1回でお客さまに満足いただけるモノをつくるために、
徹底したヒアリングを行います。

例えば、
この業界では珍しい19:30完全退社。
それでも当然ハイクオリティを提供するため、
濃度の高い仕事をします。

例えば、
バックヤードとは別に
広いスタッフルームが完備されたヘアサロン・HIQUROOM。
お客さまに最高の癒し空間を提供するためには、
働く側もストレスフリーでなければいけません。






このように、ストレスフリーな環境を実現するため
様々な取り組みがされています。
お客さま、働く側双方がストレスフリーな環境であることは、
いろんな意味での「楽しい仕事」にも繋がるからです。

つまり、「ストレスフリーな環境」は
イングラが掲げる一つの大きな軸でありながらも、
さらに大きな核に向かうためのひとつの手段でもあるのです!



INGURA